査定はお任せ!買取業務を行うベテラン鑑定士の声

先輩の声を紹介

リサイクル業界の躍進

リサイクルショップで働くベテラン鑑定士の声

 

 

現在、自分が行っている業務は、買取・販売・ヤフーオークション・市場仕入です。入社当社は、リサイクル業が初めてということもあり、右も左もわからない状態でしたが、上司や先輩社員の皆様にご指導をいただき、今は商品仕入れまで任せていただけるようになりました。
自分で商品仕入れをするようになると、いくらで仕入れたものがいくらで売れたとわかるので『じゃあ、次はこんな商品を入れてみよう』『この商品はお客様によろこんでもらえるかな?』など考えると楽しくなります。
ブランド品等、次々と新作がでて覚えることはつきませんが、すべてが自分自身の知識になり経験になります。独立制度もありますので、その経験と知識をいかし独立も可能です。
私の生まれたこの知多半島にある常滑市か半田市で独立店舗を作り、さらなる成長をしたいと考えています。


 

 

安城店 女性鑑定士 水谷 安城店勤務

 

 

販売経験をもう少し勉強したくて、この会社に入社しました。入社当初は、買取という仕事も未経験でしたので覚える事がすべて新鮮でした。毎日上司の買取を見ながら学び、初めは自分の出来る簡単な買取から業務をこなしていきました。お客様を目の前にして、すごく緊張した事を思い出します。私の働いている安城店では、買取の他に販売もしています。毎日ブランドバッグや宝飾品、その他食器や香水などをお買い求めに多くのお客様がご来店いたします。お客様と色々なお話をさせていただきながら、自分自身の勉強にもなっています。買取を学んでいくうちに、今までの自分自身のモノを見る価値観とは全く違ったモノの見方ができるようになったりしましたし、色々勉強できる業界だと感じました。リサイクル業界で働き「自分の要らないモノ」が「誰かの要るモノ」になるということも分かり、大切な仕事なんだと感じています。覚える事もたくさんありますが、毎日自分自身が成長できているな、と喜びも感じでいます。リサイクルの仕事は奥深いけど、愉しいなと思いますので興味のある方はチャレンジしてみてください。


 

 

安城店 女性鑑定士 板倉 安城店勤務

 

 

私は入社するまでリサイクル業界について何も知りませんでした。
入社してからはブランド品、ジュエリーの販売スペースにいて接客販売を担当していました。
その後買取業務が忙しくなり、今は買取中心になっています。
特に興味が無くても知らないと困るから覚えよう、疑問に思ったから調べようと言う感じでの日々、自分にとって知識になるように仕事をしています。やってみると生活のなかで、モノに対する価値観が変わったり、販売で接客をしていても買取を全く知らない時より
広く、深い会話ができるようになり楽しさも増しました。
また、会社の体制を検討する会議にも参加していて資料作りも多いせいか、パソコンは人差し指で押せるくらいだった私が全然苦にならないくらいキーボードタッチやソフトの操作が上達しました。
色々な経験ができ、対応する力も真面目に取り組めば身に付きます。                       


 

 

名古屋港店 酒井 (しゃかいさん) 名古屋店勤務

 

 

今現在、木場店で勤務させて頂いておりますが、この環境を与えて下さいました、社長、そして厳しく楽しくご指導くださいました専務、ありがとうございます。去年の夏ごろ専務にロレックスの事で相談してから、いつの間にかロレックスが好きになってしまいました。私は年齢が年齢ですのでいつも思うのは、目標を決めたら後何ヶ月あるとか、後何年あるといった考えではなく、後何ヶ月、何年しかないそう考えて行動しております。それはどれだけ頑張っても皆さんと同じように会社に勤務した場合、ある事を除けば私の方が先に去って行かなければなりません。そう思った時から自然とそういった考えになっていました。
また、それまでに会社内に於いて自分自身のフィールド、ポジションを作らないと仕事が楽しくならないし、年齢的にも最後の機会だとも感じました。そして去年の5月に働かせて下さいと、お願いしたあの時の気持が1年過ぎても強く、この先より強く且つ普通に感じる心がなければ”俺は糞だ。”とも思いました。
四六時中気を張っている訳では有りません。1番の根底にこの気持がなければ人間は仕事が慣れた頃に必ずと言ってよい位自然と不平不満が出てきます。不平不満が頭を持ち上げてくると、必ず自分自身やその身近な環境で不正が起こります。
そういった心を綺麗にするには、人のやりたくない雑巾がけが1番だと私は教えられたので、早くきて掃除をしているだけです。
この先自分自身に何が出来るか、何を求められるか分かりません。また安気に何も考えずに過ごしていたら、知らない間に自分自身のフィールドが草だらけになって、無くなってしまうかもしれません。ただそんな不安を抱いていくより、今、木場店になくてはならない人間になる。と、2年を通して感じました。


 

 

岡崎店 ともくん 岡崎店勤務

 

 

今まで知らなかったブランド品を覚えたり、知っているブランド品でも素材の肌触りなどで、本物・偽物の見極めができるようになって面白いですよ。
ブランド品にそれぞれの顔があり、縫製の違いや革の素材の違いデザインが様々ありますので、飽きる事なく経験や知識が身についてきますので、毎日が新しい発見があります。
ブランド品には歴史があり古いものもあれば、新作も次々出てきますので、奥が深く楽しく仕事ができます。
覚える事が多いですが、先輩が丁寧に教えてくれます。
今は岡崎店でお客様の獲得に集中していますが、近くの豊田市や西尾市のお客様の獲得にチャレンジしています。
かんたんなパソコン操作ができれば、なにも分からなくても1から教えますので、一緒に仕事しましょう!


 

ちょっと緊張気味の先輩の声動画

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
求人採用情報 業界のイイ所 キャリアアップ 社内風景 電話する

先頭へ戻る